#心霊体験詳細

 徳島県の我が家の自宅を 町長吉岡60年政権 (元歯科医) 

更新日:2020-07-10 01:22:06
 徳島県の我が家の自宅を 町長吉岡60年政権 (元歯科医) の解剖保存ごっこにより、私有地に白骨化させた遺体を埋め、小さく切断して、警察関係者に建造物侵入を許可させてあるようです。

合言葉は、
「徳島中央警察署のます美さん、この家空いてるよ。」
であります。

台山陶芸村のます美さんは、粘土をこねますが、
私の日常生活における飯や衣類の洗濯、就寝、マニキュア、トイレで、その幽霊として、臭いのか、花柄が大嫌いで、お洋服の花柄のモチーフを嫌がり、手先が器用な事に私の所有物を廃棄処分と変わり果てさせます。

 父親の骨が我が家の私有地に埋めてあった為に、徳島中央警察署で、女性警察官になって、未解決事件をずば抜けて解決していく実存する幽霊で、その子自体、バボちゃんなんです。
この記事にコメントする
名前
コメント
写真
写真