#心霊体験詳細

福島県郡山市に住んでいた時のお話です

更新日:2020-02-01 14:30:53
#福島県 #お話 #自分 #実家 #神社 #敷地 #不思議 #体験 +追加
福島県郡山市に住んでいた時のお話です。

自分の実家は愛宕神社の敷地内に立っていました。

そのせいか否か不思議なことが常に起こっていました。

その中でもとても怖かった体験です。



それは秋の日常の中に、夢のような形で起こりました。

お祭りをやる日でもないのに、賑やかな和風の演奏が聞こえてきたのです。

神前結婚式の時の音楽だったと思います。



その音楽は階段を下り、神社から自宅の前へと近づいてきました。

小さかった自分は、音楽に惹かれてそっと玄関の扉を開け、舗装された参道へと目を向けました。

参道には見たこともない、和装の行列がぞろぞろとゆっくりと歩みを進めていました。

音楽が一際大きくなり、自分の視界に、時代劇に出てくる偉い人が乗るような籠がやってきたとき、何故だか行列がいきなり歩みを止めたのです。

そして、籠の御簾ゆっくりと開始め…



自分はふと中に入ってる人を見てはいけない気がして、勢いよく玄関のドアを閉めました。
まだ投稿はありません。
些細なことでもいいので気軽にコメントしてください。
コメント募集中!
この記事にコメントする
名前
コメント
写真
写真
心霊体験をご投稿いただける方こちらの掲示板へ