#心霊体験詳細

小学2年生の時に祖父が病気のため他界しました

更新日:2020-01-09 01:06:20
#小学 #祖父 #病気 #学校 #一人 #家 #鳴り #両親 +追加
小学2年生の時に祖父が病気のため他界しました。

本来なら、祖父の誕生日だった日に私は風邪で学校を欠席し、一人で家で寝ていました。

昼の3時頃にインターホンが鳴りました。

両親は共働きで兄も学校だったので、居留守を使おうと思ったのですが、なぜか玄関が黄色や白の光で包まれている感じに見えました。自然と足が玄関に向かい、ドアを開けると、微笑んで立っている祖父がいました。

「おじいちゃん」と言うとにっこりと笑ってすーっと黄色と白の光の中に消えて行きました。

私も熱があったので、その後、部屋に戻って眠ろうとしましたが、祖父は亡くなっている!と気づきました。

いつもは幽霊などが怖いのですがその時は怖さよりも暖かさに包まれた気分でした。
みんなの評価
まだ投稿はありません。
些細なことでもいいので気軽にコメントしてください。
コメント募集中!
この記事にコメントする
名前
コメント
写真
写真
心霊体験をご投稿いただける方こちらの掲示板へ