#心霊体験詳細

長崎県長崎市で一人暮らしをしていた1Rのアパートでのことです

更新日:2021-08-14 10:45:19
+追加
長崎県長崎市で一人暮らしをしていた1Rのアパートでのことです。
当時、私は看護学生で病棟実習をしていました。
その時担当していた受け持ち患者さんとは良好な関係を築けていて特に実習に対する不安などはありませんでした。
ある日、病棟へ行くと、受け持ち患者さんの隣の部屋にいた患者がいなくなっていたので、退院できたのかな?と思い、看護師さんから話を聞くと、昨夜突然亡くなられたとのことでした。
急なことで驚きはしましたが、病院なのでそういうこともあるものだと思い、少しゾワっと寒気がしましたがあまり気にはとめませんでした。
無事、病棟実習を終え、睡眠不足を補おうとその日は早めに就寝しましたが、夜中ぱっと目が覚めました。
まだ夜中かーっと思い、再度寝ようと思った時、ぽたっぽたっと水音が聞こえてきました。
その音を認識した途端、人生初めての金縛りになりました。
おそらく台所から聞こえているのだろう水音を聞いていると次に耳元で男女の笑い声が聞こえてきて、ここまでくると恐怖でパニック状態でした。
しかし、それだけではなく、足元から徐々に何かが這ってくるよな感触があり、あまりの恐怖で目を開くことができず、朝が早くくることだけを願って目を瞑っていました。
どれくらいの時間が経ったのかわかりませんが、恐怖に怯えていると、ふっと水音や笑い声、這う感触がなくなり、金縛りも解け、おそるおそる目を開けました。
特にいつもと変わらない部屋があるだけで、そのあとは何事もなく朝まで過ごすことができました。
あれが何だったのか、疲れていた私の気のせいなのか、それとも病院から連れてきてしまった霊による心霊現象なのか今でもわかりませんが、私の生まれて初めての恐怖体験でした。
みんなの評価
まだ投稿はありません。
些細なことでもいいので気軽にコメントしてください。
コメント募集中!
この記事にコメントする
名前
コメント
写真
写真
心霊体験をご投稿いただける方こちらの掲示板へ