#心霊体験詳細

子供の頃、心霊写真とか不自然な声とかをよく聞いていました

更新日:2021-09-07 09:18:25
+追加
心霊体験をしたというか、私が経験した最後の心霊体験の話です。家系なのか元々、心霊写真とか不自然な声とかをよく聞いていました。不自然な声に反応して喋りかけたりしてたんですけど、声の聞こえない親からしたら一人でよく喋っているあぶない子供だったらしいです(笑)
最後の心霊体験をしたのは五歳のとき、神奈川県藤沢市の実家です。その日の夜、五歳の私と生まれたばかりの妹と母親の三人で同じ部屋に寝ていました。(父親は隣の部屋で寝てました。)
寝ているときにいつもの不自然な声が聞こえてきました。何を言ってるのかは相変わらずわからないですけど、その日はいつもと違って話してる相手がどこにいるかがわかりました。私の頭の上です。ずっと布団の周りを歩いてる感覚があるんです。私は怖くなって寝たふりをしようと、顔をそむけようとして、そのときに自分の体が動かない!金縛りに合ってることに気が付きました。目は開かないし、声も出せません。それでも、人の歩く音と、喋っている声、気配は感じています。どれくらいの時間が経ったかはわからないですけど、突然金縛りが解けて私は飛び起きました!同時に隣で寝ていた母親も飛び起きました…。
どうやら母親も、自分と同じように誰かの気配と金縛りに合っていたようです。母親が父親を起こしにいき、二人でその不思議な現象のことを話していると、電話がなりました。
それは祖母からの電話でした。ガンで入院していた祖父の容態が急変し危篤状態だから直ぐに病院に来てくれと…
その後、私は叔父の家に預けられ、両親は病院へ。祖父はそのまま帰らぬ人となりました。
葬式が終わったあとに、母親とその夜の出来事を話しましたが、あれは死ぬ直前に祖父が会いに来てくれたのだと。そのときは、恐怖みたいなのが先に来てて祖父だとは思えなかったですけど、その心霊体験以後、不自然な声とかを聞いたりする事は無くなりました。
それから数年経って、そういう現象に、詳しい人にこの話をしたら、それはお祖父さんが必要ないからお前の霊感を持っていってくれたんだ、と
そう言われて、はじめてあれが大好きなお祖父さんだったんだなと、思うことができるようになりました。自分のことを心配してくれていたんだなと
以上が、私の最後の心霊体験です。
みんなの評価
まだ投稿はありません。
些細なことでもいいので気軽にコメントしてください。
コメント募集中!
この記事にコメントする
名前
コメント
写真
写真
心霊体験をご投稿いただける方こちらの掲示板へ