#心霊体験詳細

お茶の水駅の付近にあるビジネスホテルに宿泊した際にあったことです

更新日:2020-02-16 20:42:25
#駅 #ホテル #宿泊 #夜遅く #普通 #視線 #感じ #嫌 +追加
お茶の水駅の付近にあるビジネスホテルに宿泊した際にあったことです。

夜遅くにチェックインしてその時は普通のそこらへんにあるホテルと変わりませんでした。

シャワーを浴びてる時にふと視線を感じてなんか嫌だなと思ったのですが気のせいかな?と普通に過ごしていました。


寝ようと布団に入ってホテルにあるアラームをセットしようと思ったのですが故障しているようで時間のディスプレイも見れずにとまっておりました。

携帯のアラームもあるし大丈夫だろうとそのまま寝たのですが突然不気味な音が聞こえて寝ぼけながら音の方向を見ると故障しているはずのアラームからでした。ディスプレイも表示されずなぜだろうと不思議に思いとめるボタンを押しても押せず、付属されているラジオからも音が鳴りはじめました。

電波を拾わないぼーっというような音で気味が悪いと思い音量を消せば良いかと手をダイヤルにまわしても音は鳴りやまず恐怖感が募っていき、でも時間が時間だったのでイヤホンをして再度眠りにつこうとしたそのときです。

足元に気配を感じどんどん重くなっていく感覚、そして金縛り。

その重さがどんどん上に移動してきて恐怖で目が開けられず早く終わってと願うことしか出来ませんでした。
金縛りがとけ慌てて目を開けると真っ黒い女性らしき人が上に乗っていて声も出せずに意識を飛ばしてしまいました。

起きると穏やかな朝でほっとしたのもつかの間、腕に違和感を感じて見てみると深爪の自分のでない爪痕と掴んだ痕がありました。
昨夜のことは夢じゃないのだと早く帰ろうとカーテンをあけると窓の外は墓地。

急いでチェックアウトをしました。
みんなの評価
まだ投稿はありません。
些細なことでもいいので気軽にコメントしてください。
コメント募集中!
この記事にコメントする
名前
コメント
写真
写真
心霊体験をご投稿いただける方こちらの掲示板へ